ウォールナットの一枚板の家具の魅力をご紹介

お部屋を彩る家具はたくさんありますが、丸太から一枚板を削りだした一枚板テーブルの存在感は素晴らしいものです。同じ木の種類でも育ってきた環境で一本一本、色や形が異なってきます。そのため、世界にひとつしかない一点物のテーブルが生まれるのです。接着回数が増えるほど木の特徴はなくなっていきます。一枚板は接着をまったくしていない為メリットやデメリットを含めて木の特性を全て残しています。その上、接着面の劣化もないため長期間使うことができるのです。決して手軽に購入できる金額の家具ではないので一生使うくらいの気持ちで失敗しないよう選びたいものです。一枚板にはたくさんの木の種類があります。根強い人気を誇るのがウォールナット材、一枚板だけではなく無垢材家具でも人気が高く世界三大銘木と言われています。

ウォールナットの一枚板のデメリット

ウォールナットの一枚板の一番の魅力は、大径木から滲み出る迫力ある存在感だと言えます。一枚板のダイニングテーブルを削りだすサイズに成長する木は非常に少なく希少価値が高いのも魅力の一つだと思います。無垢の木を使うことで最も注意しなければならないことが収縮です。木材の調湿機能で、湿度や気温の変化で水分を吸ったり吐いたりすることで木の含水率が変わり収縮が起こります。乾燥が悪い木を使うと木の収縮率が大きくなり反りや割れの原因になってきます。接着している板と比べて一枚板はその影響を受け易いといわれていますので信頼できる購入場所を探し出すことが必要です。また、過酷な環境で数百年という樹齢を生き抜いてきた木は強靭な幹を持っています。家具に加工された後もメンテナンスをしていけば、何年でも受け継いでいくことができるのです。

ウォールナットの一枚板家具の優れたところ

一枚板のテーブルや床板など多様な家具に使用されているウォールナット材は、クルミ科のブラックウォールナットのことを言います。名前の通りブラックが入ったように濃い色が特徴です。加工方法によっても異なりますが、こげ茶色から黒に近い非常に濃いブラウンを想像するといいでしょう。濃い色の中に美しい木目がある為、家具に加工するとすごく重厚感がありどっしりとした存在感を与えてくれます。ウォールナットの良いところは衝撃に強く狂いが少ないし、加工性や接着性にも優れています。触り心地はつるつるしていて非常に硬いのが特徴です。チェリー材等の木材の経年変化は色が濃くなる傾向がありますが、ウォールナットは白っぽく色が薄くなるのが特徴で、茶色に白太と呼ばれる白い部分があり、斑点状になる場合もあります。ウォールナットは高級木材で西洋では富の象徴と言われるほどです。