気をつけたいウォールナットの一枚板商品を購入した後のポイント

近年とても人気が上がっているウォールナット材ですが、人気のポイントや魅力を挙げていきます。ウォールナットは北米を中心に分布している木で、ブラックウォールナットとも呼ばれます。日本語に訳すとクルミですが、クルミ材とは別物になります。主に北米産のものはウォールナット材、日本や中国産のものはクルミ材となり、色合いや硬さに違いがあります。家具やフローリング素材として人気のウォールナットですが、特徴の一つに色があります。ウォールナットは新品の状態から濃い茶色をしていて木肌も美しくシックな雰囲気を持っています。中心部分は濃い茶色なのですが、木の端の部分は白が強いので、一枚板で使うと独特の存在感が出ます。そのほかの特徴として、狂いの少なさや強度の高さが挙げられます。粘りが少なく細かい加工にはあまり適していません。

ウォールナットの一枚板の家具の魅力

ウォールナット材は近年需要がとても高まっているので、値段が高騰して高級材になりつつあります。日本では中心の色の濃い部分だけを家具に使う場合が多いですが、ウォールナットの原産地北米では、端の白い部分も使うので木材の値段としては端の部分まで含まれています。これが日本でのウォールナット材家具の値段の高さにも繋がっています。一枚板で使用した場合はこの端の白い部分まで使うことが出来ます。輪切りでも重厚感があり美しいですが、縦に切った一枚板では端に筆で書いたように一筋白い部分が出るので他の木にはない美しさがあります。また近年は加工時の歪みや反りを残したままの素材も人気です。ウォールナットは強度があるのでテーブルやフローリングとして使われる場合が多いです。また楽器などの素材として使われる場合もあります。

ウォールナットの一枚板の家具を購入後の注意

天然無垢の木材家具には経年変化がつきものです。チェリー材やパイン材などは経年により色が濃くなりますが、ウォールナットの場合は新品の濃い茶色から黄色がかった明るめの茶色に変化します。これを黄変といいます。このように濃い色から明るい色に変化する木はウォールナットの他に、タガヤサンやローズウッドがあります。ウォールナットの人気の一つが他の木に無い濃い茶色なので、黄変させたくない場合は、直射日光を避けることやウレタン塗装で仕上げるなどの方法がありますが、一枚板でダイニングテーブルなどを作った場合、化学薬品を使わないオイル仕上げがおすすめです。オイル仕上げの場合木そのものの手ざわりを残すことが出来るので、毎日触れるテーブルなどの身近な家具の場合、天然の木の感触を楽しむことが出来ます。一枚板の場合は板そのものを厚めに切ってあるので、凹凸したところをヤスリなどで削れば元の濃い茶色に戻ります。